Mobile,Alive,in Love.

アナログで、デジタルで。情報の持ち歩き方を考えて買って試してシェアするブログ。

「September」Earth,Wind & Fire(1978) 言わずと知れたファンクバンド。アースといえばこの曲。せっかくなので、今月中にやっておきたかった。曲調は軽快でも構成は重厚。踊れなくても踊りたくなるイントロが、映画「ナイト・ミュージアム」でここぞというときに流れ出す。 ...

「In Your Letter」REO Speedwagon(1981) アメリカのバンドらしいオーソドックスなつくりだけれども、やっぱりこのバンドはボーカルですね。しかしこの曲はピアノっぽいテクノっぽいキーボードソロも聴きどころ。バンド名は、「アール・イー・オー〜」。レコード店で悩んだ ...

「Take My Breath Away」Berlin(1986) 映画「Top Gun」といえばこの曲、というリンクの印象が強いのはやはり両方が広く受け入れられているから。「オーシャンズ11」でも少しだけ、かつ効果的に使われている。 名前はドイツの都市だけれども、れっきとしたアメリカのバンド。 ...

週末の旅行に持っていく文庫本を2冊調達。 積ん読本はまだまだ溜まっているにもかかわらず、言い訳しながらこんな買い物をしてしまうのです。。 日本赤軍とのわが「七年戦争」 ザ・ハイジャック (文春文庫) [文庫]佐々 淳行文藝春秋2013-03-08 旅する力―深夜特急ノート ( ...

「The Tide Is High」Blondie(1980) レゲエ、ですね。にもかかわらず夏っぽさが邦題に反映されていないのがこの時代らしい。この曲にはあまり堅苦しいことは似合わないと言わんばかり。ビールのCMで最近聴いたけれども、まったくもって正しい選曲だと思います。 The ...

今年のほぼ日手帳。 2本のしおりひものうち、四角のしおりひもはMonthlyページ、三角のはDailyページにはさんである。 三角ひもはもう終わりに近いところにはさまっている。2013年もあと3ケ月あまり。大事かつ大胆に。 ...

「Over Night Success」Teri DeSario(1984) SONYカセットテープのCMで火が点いた。一夜明けたら、日本で売れてたってどんな気分だろう?ちなみに対するマクセルはワム!でAXIAは斉藤由貴でTDKはスティービー・ワンダーだった。放映年ズレてたらすみません。 探したら ...

「Give Me Up」Michael Fortunati(1986) 出ました。エイティーズといえば、ユーロビート。思わず身体が動き出すアラフォー女子は手を挙げて。ストック・エイトキン・ウォーターマン(日本でいう小室)がインスパイアされてバナナラマの曲を作ったというエピソードはもはや都市 ...

「I Think We're Alone Now」Tiffany(1987) このスーパーライトな感じがバブル期の日本とダブって思えてしかたがない。この軽さがついつい選曲させてしまうのか、けっこういろいろなところで耳にしますね。 ティファニー [CD]ティファニーMCAビクター1992-10-21 ...

↑このページのトップヘ