Evernoteのノートブックに「わからない箱」を作成。
「WebクリップIn-Box」の次に配置、つまりわりと頻繁に使いたいノートブック。
読んで字のごとく、わからないことをストックしておくノートブックです。In-Boxではなく、直接ここへ収めるということは、さほど緊急性はなく、むしろいくつか溜まったうえでその傾向をつかむという目的もある。
もっとも、急ぎの場合はいつもその場ですぐにググッてしまいますからね。

WS000173

ヒントを得た元ネタはちょっと古くて、2009年の「BRUTUS#674 真似のできない仕事術」の松浦弥太郎氏の仕事術。で紹介されている「わからない箱」。
DSC_0199

「メモ帳やそこらへんの紙に、わからないことを書いて入れておく。ある程度溜まったら、興味の傾向を見つけて徹底的に勉強します」

DSC_0198

さて、効果的に運用できればいいのですが。そして、どんなものが溜まっていくのかも楽しみです。