ほとんど文具店でも見かけないし、使っている人を見たこともないので少し不思議だったのが、これ。

IMG_0204
普通の情報カードと何が違うのかというと、とても単純なことで、紙の厚さ。
普通のノートなどと同じ厚さです。情報カードは松浦弥太郎氏が「日々の100」で、
無くてはならない日用品のひとつに5×3(インチ)カードがある。トランプのカードのような硬さがあるメモ用紙だ。
と紹介しているが、こっちはホントにペラペラの、まさにメモ用紙が5×3インチのサイズになっているというそれだけの商品です。
で、ぼくがどのように重宝しているかというと、ノートに貼り付けてもさほど厚みをとらない。というのがまずひとつ。起こしたメモの収容先が、ほぼ日手帳なのか、モレスキンなのか、A5の業務ノート(本ブログ未登場)なのか、はたまた情報カードのストックなのか流動的なケースで、とりあえずこれに書きます。たとえばモレスキンに「トランプ」を貼り付けていくと、みるみるうちに太っていってしまうので、その対応として。
あとは、書いたメモを誰かに渡すことが決まっている場合、折りたたんで使う場合、用が済めば捨てることがわかっている場合など。つまり、トランプ厚のカードを使うまでもないというケースですね。

しかし、ダイソーの情報カードのほうが1枚あたりのコストはかかっていないのだが。