「読むスポーツ」には欠かせない『Number』。

写真左が最新の臨時増刊号『欧州蹴球戦記2014-2015』。
あいも変わらず、切り口と見せ方(魅せ方?)と情報の質には、老舗の貫禄を感じます。

写真右がぼくが最初に買った1987.11.20号の『87年日本シリーズGL決戦「獅子の時代」』。
28年前でぼくは当時高校1年生。学校帰りにコンビニで買った記憶がある。
表紙は優勝を決めてマウンド上で抱き合うバッテリー、工藤公康と伊東勤。
それぞれ現在はホークスとマリーンズの監督になっている。28年という時の流れを感じますね。
image