どうも、バタメモバイル@batame_mobile です。

シュバイニーの代表引退試合とエジルの背番号「10」。

ルーカス・ポドルスキの代表引退を受けて、
ドイツの背番号「10」を引継いだのは、メスト・エジル。

いわゆる「10」番タイプではなかったポドルスキですが、
その背負った時期はわりと長くて2010年のワールドカップ南アフリカ大会から。
その間にエジルがつけていたのは「8」。

レアルでは「10」をつけていたこともあるエジル、
やっぱり得点力、パス能力に秀でた攻撃的MFに「10」番は似合いますね。

そこで、ワールドカップとユーロでドイツ代表の「10」を背負った選手をまとめてみました。

メスト・エジル





ルーカス・ポドルスキ
2010W杯 2012EURO 2014W杯 2016EURO


オリバー・ノイビル
2006W杯 2008EURO




ケヴィン・クラニー
2004EURO




ラース・リッケン
2002W杯




トーマス・ヘスラー
1996EURO 1998W杯




トーマス・ドル
1992EURO




ローター・マテウス
1990W杯(旧西ドイツ代表) 1994W杯 2000EURO




オラフ・トーン
1988EURO(旧西ドイツ代表)




n_germany


▽ご意見ご感想はコチラからどうぞ。



▽よろしければ、シェアをお願いします。



▽甘辛硬軟とりまぜてツイート中です。